Lotusphere Comes to You 2011 in 広島

コミュニケーションの方法が多様化していく中、ソーシャル・ネットワークを日頃から活用している方々が増えています。IBM Lotus®ブランドでは、この可能性に着目し、企業向けのソーシャル・ネットワークである「ソーシャルウェア」を次世代のコラボレーション基盤として提供しています。
本セミナーでは、「ソーシャルウェア」の導入で、ビジネスにイノベーションをもたらす方法など、Lotusの最新情報をご紹介いたします。
テクノロジーの進化に伴う、新しいコミュニケーションとコラボレーションのあり方「人と人とが、つながる、広がる、動きだす。」に向けた第一歩として、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

■開催概要

名 称: Lotusphere Comes to You 2011 in 広島
会 期: 2011年 5月 27日(金)開催終了いたしました。
時 間: 13:30 - 17:30(受付開始 13:00)
会 場: RCC文化センター 6F 601会場(広島市中区橋本町5-11 TEL.082-222-2277) 地図
参加費: 無料(事前登録制)
共同開催: 田中電機工業株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

■プログラム

13:00 受付開始・開場
13:30-14:30 ご挨拶
基調講演
一人ひとりの行動の変化から始まる、組織と会社の革新
~Lotusソフトウェアで実現するワークスタイル変革~
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 Lotus事業部 Lotus事業開発 部長 森 則之

第18回を迎えたLotusphere® 2011。今年のテーマは「Get Social. Do Business」です。ソーシャル・テクノロジーは、増え続ける情報を効果的に対処する上で、新たな技術的革新をもたらすとIBMは考えます。本セッションでは、企業活動における「ソーシャル」の活用について考察、人の持つ力を最大限に引き出すためのLotusソフトウェアの方向性についてご紹介いたします。
14:30-15:20
ソーシャル・ネットワークやクラウドで実現する『一歩先の』コラボレーション
~これからの企業活動をささえる情報共有の仕組みとは!?~
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 Lotus事業部
Lotus第一クライアント・テクニカル・プロフェッショナルズ 主任ITスペシャリスト 武石 浩

メールやグループウェアの活用、社内情報インフラの充実で日々の企業活動は効率的に運営されるようになりました。今後さらにコミュニケーションの密度を高め、緊急の事態や不測の事態が起きた場合でも対応できる次世代の情報共有インフラへの取り組みが始まっております。コラボレーションの世界に新しい考え方や展開方法を導入することで、既存のインフラを支え、柔軟に情報共有を行うためのヒントを「ソーシャル・ネットワーク」と「クラウド」の観点からお話しします。
15:20-15:40 休憩
15:40-16:30
ソリューションご紹介 ポータルとワークフローがコラボする!
田中電機工業株式会社 コンピュータ事業部 開発部5グループ 部長 赤松 康司氏
パナソニック電工ネットソリューションズ株式会社 営業本部 営業開発部 部長 池谷 誠氏

ワークフローパッケージとして導入実績の豊富なパナソニック電工ネットソリューションズの「総二郎」と田中電機工業のポータルソリューションがコラボレーションし、更なる業務効率化を実現します。
実際の活用事例を基に「総二郎」の特徴とポータルがもたらす価値についてご紹介いたします。
16:30-17:30
ただ、メールだけをやっている企業では絶対に成長しません!
~適材適所の情報伝達法。今風メッセージの伝え方教えます~
株式会社大塚商会 マーケティング本部 プロダクトプロモーション部 ソフトウェアビジネス推進課 課長 丸山 義夫氏

メール依存型企業病を直すのはノーツなのか?それとも他の製品なのか?
朝からメールの整理等に時間をかけている人、メールの書き方について部下に時間をかけて指導している人、アンケートにグループウェアはメールだけで十分だと回答している人。そんなあなたのメールは読まれていません。役立つ情報を探す事は仕事では無く、出来る人と繋がりを持つ事が真のコラボレーションなのです。ノーツはそんなツールとして最適なのか?それとも他の製品が良いのか?様々な角度から考察したいと思います。Twitter、Wiki等様々なソリューションをもう一度見直していきましょう。

※講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。


本サイトの運営は、主催者である日本アイ・ビー・エム株式会社の委託により、株式会社 George P. Johnsonが行っています。